夢を追い求めいつまでも山に登り続けよう

山行計画

5月19日 蛭ヶ岳
5月26日 丹沢クリーンハイク

 みずならの例会にいらしてみませんか?
[次回]  6月19日(水)19:00-20:30 かながわ県民センター 

かながわ県民センターへのアクセス

お問い合わせフォーム

山行記録

もっと見る
2024年5月19日
一般登山(男4女3)

蛭ヶ岳の北尾根にはシロヤシオが群生していて、満開になれば圧巻の光景なのですが、今年は外れ年なのか、未だ時期が早かったのか、白い花を付けている木は・・・

2024年5月18日
一般登山(女1)

十勝岳何年ぶりでしょう?この時期の十勝岳は初めてです。夏道に雪がないという情報あり、いざ十勝岳へ。一ヶ月ちょっと歩いていないので、足慣らしのつもり・・・

2024年5月11日-12日
一般登山(男4女2)

最初に蛭ヶ岳南尾根を登ったのは、2010年4月。当時は玄倉林道が全面通行止だったため寄から雨山峠を越えて熊木沢に入り、棚沢ノ頭コースを下った・・・

2024年5月5日-6日
雪山登山(男2)

6時半過ぎ、桜坂駐車場には既に40台ほど車が止まっていた。立派なトイレもある。駐車場代は1日500円。5号目1200mまで雪は無く、夏山登山のよう。6号目・・・

2024年5月4日
一般登山(男2女1)

2019年の台風19号の大雨で激しく崩壊した玄倉林道は、ユーシンまではほぼ復旧されているらしいが、林道入口の鎖は閉まっていて未だ通行止めは解除され・・・

2024年4月28日
一般登山(男4女3)

小洞トンネルの先の崩落の状態がどうなっているのか気になりましたが、残念ながら昨年11月の状況と変わっていません。金網の内側が通れそうに見えたので・・・

2024年4月20日
一般登山(男4女1)

たんたん豆さんやJyukutyouさんのレコを見ていたが、難しく中々ハードだった。特に茅の棚沢の頭からは、下りに神経を使か・・・

2024年4月13日
一般登山(男1女1)

両神温泉薬師の湯に車を置いて周回する予定だったが、途中渋滞で遅くなったため、四阿屋山駐車場まで行き、そこから周回することにした。四阿屋山駐車場は・・・

2024年4月7日
一般登山(女1)

今日は富士山は残念だったけれど、豆桜に、会えたので満足。自分の足の重さを、異常に感じた1日でした。

2024年4月6日
一般登山(男2女1)

太礼の頭(西峰)のバリ道は、モノレール終点手前にピンテとプラ黄棒の羅列が目印です。道ははっきりしており歩きやすい。丹沢三峰の一般道へ最後の70m・・・

2024年3月17日
一般登山(男4女2)

早戸川林道の様子を見に行きたい事もあり、無名の頭から本間橋へ下り長い林道歩きの予定でしたが、殆ど修復も終わったらしいとの情報が有り、林道歩き・・・

2024年3月16日
雪山登山(男1)

美濃戸口に朝6時少し前に着いたが、駐車場は3分の2くらいは埋まっていた。日はだいぶ明るくなってきた。準備をして出発したのは、6時40分頃に・・・

山行実績

過去の山行実績一覧

開く

投稿記事

2023年忘年山行

1日目 道了尊 - 明神見晴小屋 - 神明水 - 明神ヶ岳 - 明神ヶ岳鞍部 - 宮城野BS - 強羅駅 ~ 箱根ケーブルカー ~ 早雲山- 頃箱根金時荘 2日目 箱根金時荘 - 早雲山 ~ 箱根ケーブルカー ~ 強羅 […]

Read more

北アルプス 新穂高から双六岳、鷲羽岳往復

9/16 新穂高温泉8:35~左股谷1号堰堤(蒲田川支流)9:00~わさび平10:10~鏡池14:35~弓折乗越16:00~双六小屋17:20 このコースは登山時報2020年8月号に紹介があった。噂にたがわず素晴らしい登[…]

Read more

北アルプス針ノ木岳

1時間ほどで針ノ木岳山頂2821mに到着した。ガスであまり眺望はよくなかったが、黒部ダムが下の方に見えた。これから向かうスバリ岳方面がやけに険しく見えた。 針ノ木岳 針ノ木岳エッセイ

Read more

みずなら登山学校

 山を歩くための生活・行動技術、パーティーとしての基本的な行動や考え方を学び、安全な登山の総合的な力量を身につけます。 三点支持およびロープワークを習得し岩稜縦走およびピケル・アイゼンを使用した初歩的な雪山登山を目指します。

開く

ブログ

ブログを使った山行記録

開く

6つの合言葉

 みずなら山の会は、神奈川県横浜市を中心として活動している山岳会です。1988年9月に創立され、日本勤労者山岳連盟(労山)に加盟しています。
 登山の魅力は、何よりも山という雄大な自然に接することによって心身のリフレッシュが図れ、それとともに仲間としてのきずなを共有でき、新しい喜びや感動を得る事ではないでしょうか。お互いの立場や職場、家庭環境の違いをこえて山に登るという共通の目的のために集い語らう。その実現のためにみずなら山の会があります。それを基本に一人一人を大事にすることによって山行を活発におこなえるように努めています。
 そして、創立時に掲げた「みずなら山の会」6つの合い言葉は脈々と受け継がれています。

1.自分の夢を持ち続けいつまでも山に登り続けよう。
2.仲間の命を大事にし安全登山を実施しよう。
3.一人一人がリーダーを目指そう。
4.何でも言えて何でも言いたくなる会の雰囲気を作ろう。
5.決まった事は人任せにせずみんなで協力しよう。
6.自然を大切にしよう

入会ガイドライン
会則
山行規定

Join us!  会員募集中